会社沿革

SOMETHING NEW!が
新来島どっくのテーマです。

これまで「技術の新来島」として多くのお客様から信頼を得て来ました。これからも技術と品質をより一層向上させるためには新たな発想と創意工夫が欠かせません。私達はSOMETHING NEW!を目指して、これからも挑戦し続けます。

会社沿革

明治35年 創業
昭和24年 来島船渠株式会社を設立。
昭和28年 鋼製船舶の製造及び修理事業開始。
昭和36年 愛媛県越智郡大西町に大西工場建設着手。
昭和41年 新社名を株式会社来島どっくに変更。川崎重工業株式会社と技術提携開始。
昭和43年 大西工場第一次大型化設備完成。
1号ドック(修繕)入渠能力 24,000G/T
2号ドック(建造)建造能力 24,000G/T
総合事務所を今治市波止浜より越智郡大西町に移転。
昭和47年 大西工場第二次大型化設備完成。(3号ドック(建造)建造能力 75,000G/T)
昭和53年 太平工業株式会社の経営に参加。(現(株)新来島広島どっく)
昭和62年 株式会社新来島どっく、資本金2,500万円で創立。資本金1億円に増資。
平成元年 船型研究所完成。
平成4年 資本金1億2,500万円に増資。
平成6年 資本金17億3,750万円に増資。大西工場に新総合事務所完成。
平成9年 大平工場を広島工場に工場名変更。船主監督宿舎「来島曾館」完成。
平成10年 東京本社事務所セントラルビルから東京大栄ビルへ移転。
平成12年 広島工場、波止浜工場、陸機事業本部を分社化。
平成12年 大西工場 新造船部門ISO9001認証取得。
平成14年 大西工場 300Tジブクレーン2基新設。
平成15年 大西工場 第1次効率化設備完成
平成17年 大西工場 第1号ドック新造船建造開始
平成18年 西武造船株式会社(現(株)新来島宇品どっく)がグループ入り。
大西工場及び総合事務所ISO14001認証取得。
平成19年 東京本社事務所東京大栄ビルから丸の内サピアタワーへ移転
平成20年 新来島波止浜どっく新事務所、新来島製作所新事務所、新総合グラウンド完成。
平成21年 新独身寮完成