経営理念

私たち新来島どっくは創業以来、造船を通じて海上交通の可能性を常に追求してまいりました。お客さまのニーズはもちろん省エネ、CO2削減、ハイレベルの環境性能など時代の要請にも応えるべくさまざまな研究を素にした先進技術にも挑戦。より多様化、グローバル化する現代社会にふさわしい造船の未来を拓きたいと考えています。でっかい船で描く、見上げるほどのでっかい夢。

確かな技術と信頼性で社会に貢献し、地域と共に発展し続ける企業でありたい!

新来島どっくの経営戦略は、高付加価値船(自動車運搬船、ケミカル・プロダクトタンカー)を主力商品とするプロダクトミックスです。
新来島豊橋造船、新高知重工とカナックスの4社で造船専業グループを形成し、多種多様な船を建造しています。特に自動車運搬船とケミカルタンカーの建造実績では、世界でもトップクラスを誇り、新来島ブランドとして通用しています。