お知らせ情報

LNG燃料ケミカルタンカーの設計基本承認を取得(2020.4.1)

当社(新来島どっく)は、日本海事協会より49,000DWT型ケミカルタンカーにおけるLNG(Liquefied Natural Gas:液化天然ガス)燃料対応の設計基本承認(AiP:Approval in Principle)を取得しました。

当社は、AiP取得に際して、現行のIGF Code(MSC.391(95))を満足する基本設計に加え、2024年に予定されるIGF Code改正(MSC.458(101))への対応を考慮した基本設計の双方を検討し、日本海事協会による同会鋼船規則GF編に基づく図面審査、及びリスク評価としてHAZID(Hazard Identification)を実施し、それぞれ完了しました。

本船の特徴として、二次防壁を要しない独立型Type CのLNG燃料タンクを2基甲板上に設置し、LNG燃料採用によるカーゴタンク容積への影響を極力抑えた設計としております。LNG燃料を使用した場合の航行日数は約40日分を確保しており、航続距離の長距離化を実現しました。燃料調整室は上甲板下の機関室とカーゴタンクの間に配置することにより、LNG燃料タンク及びガスバンカーステーションから機関室までのガス配管を最適化しており、滞りなくLNG燃料を主機関、主発電機関及び補助ボイラーへ供給することを可能としています。

昨今の硫黄酸化物(SOx)、窒素酸化物(NOx)の排出規制及び、エネルギー効率設計指標(EEDI)による二酸化炭素(CO2)排出規制強化への対応手段の1つとして、当社ではLNG燃料船の開発を進めており、フラグシップモデルとしてLNGを主燃料としたPCCの建造(2020年秋完工予定)に着手しております。

当社では、LNG燃料PCC建造で得た新しい知見・技術にこれまで培ってきたケミカルタンカーのノウハウを基に、環境規制強化に対応したLNG燃料ケミカルタンカーの基本設計を完了しました。

主要目

船種:IMO TYPE 2&3 ケミカルタンカー

主寸法(LBD):179.40m×32.26m×19.50m

構造喫水:13.30m

載貨重量トン数:約49,000t

総トン数:約33,100t

航海速力:約14.0knots

> お知らせ情報一覧へ戻る