組織図

組織図

当社は5本部制となっております。会社の経営状態や機能などを管理する経営企画統括本部や業務財務本部、船の受注を実現する船舶営業本部があります。
理系の方は、ほとんどの場合、技術設計本部か船舶造修本部への配属となります。技術設計本部はお客様のご注文を図面として製品化する職場であり、船舶造修本部は図面にもとづいて実際に船の建造を進めていく職場です。

技術設計本部

新来島どっくの設計では、大西工場や波止浜、広島どっくの建造船に加え、豊橋造船や新高知重工の設計も行っています。様々なタイプの船、1隻1隻が、設計図面として命を吹き込まれています。
お客様のご要望を実現する「新来島ブランド」は、他社より一歩先んじた性能と機能を備えなければなりません。設計技術者としての腕の見せどころです 。 

  • 性能試験

    性能試験

    「少ない燃費で、少しでも速く」は船の永遠のテーマです。

  • 3D構造モデル

    3D構造モデル

    より正確に強度を検証するためには、枢機解析が欠かせません。

  • 3D機関室モデル

    3D機関室モデル

    3次元によるバーチャルリアリティを実現することで、完成状態を実感できます。

  • 工程計画

    工程計画

    事前の緻密な工程計画によって、安定した生産による品質の確保ができます。

技術設計本部は、お客様のニーズと捉え、そのご要望を図面として実現する部署です。船は巨大な動くプラント、様々な機能を備えています。全ての機能が十二分に発揮でき、しかもお互いに恊働できてこそ、お客様にご満足いただけます。
設計には知識と経験に加えて、アイデアと創意工夫が必要です 。

技術設計本部組織図
技術設計本部組織図

船舶造修本部

お客様のご要望する製品の実現には、船造りの技術の革新と、最新設備が要求されます。新来島どっくグループの主力工場である大西工場は、最新鋭工場としてブラッシュアップされ、安全で安定したもの造りを推進しています。

  • パイプ自動加工ライン

    機械化、自動化を拡大することで、品質の安定ができます。

  • プリエレ定盤

    船台での仕事をプリエレ定盤に先行することで、安全と効率化が図れます。

船舶造修本部は、設計図面にもとづいて実際に船を建造します。数万個にも及ぶパーツを、1,000人を超える人々の手を経て、約9ヶ月間の期間でお客様の望む船に造り上げていくには、人、物、工程と品質を管理する技術とこれまで培わされてきた経験がものを言います 。

船舶造修本部組織図
船舶造修本部組織図