先輩社員インタビュー

船体計画課 清家 将太

幼いころから慣れ親しんだ海で大きな仕事をしてみたかった。

船体計画課 清家 将太 2010年入社 工学部 環境設計工学科卒

 基本設計部は、船体部、機関部、電気部の3つのパートに分かれ、私は船体部の船体計画課に所属しています。船体計画課では、基本となる船殻構造を初め、クレーンやポンプなどの荷役設備、居住設備、配管関係まで、船全体の基本設計を行います。
船の計画段階から完工まで、全ての行程に関わり、仕様書、一般配置図の作成や、大物機器類の注文書作成、また、海上試運転における試験関係や、完工案内などの行事にも参加します。

幼いころから慣れ親しんだ海で大きな仕事をしてみたかった。

 宇和島出身で、海の近くで育ちました。知り合いの船に乗って釣りに行くなど、船に関わる機会も多くありました。
 大学で土木関係の学科に進み、橋やビルなど大きな構造物の設計に興味を持ったのですが、船の設計もそれによく似ているので、工場見学へ行ったのがきっかけで入社を決めました。

自分の考えたことが目に見えてカタチになる、やりがいのある仕事です。

 基本設計は、一番最初に船の設計に携わる部署です。お客様からの要求を満足させた上で、船の大きさ、スピード、積荷の量などを決定していきます。
 船の形や配置など、自分の考えが目に見えて現れるため、とてもやりがいを感じます。
 船主、造船所ともにメリットのある仕様にできるかどうかが腕の見せ所。船主に対してメリットがあり、満足してもらえて、尚且つ造船所としてもコストダウンが図れ、作業性も良い仕様にできた時がうれしいですね。

ハードな仕事こそ、こなせたときの感動はひとしお

 私たちの部署では、設計だけではなく、初期の検討から見積もり作業、仕様書の作成、規則に基づいた計算書や承認図の作成など、細かい資料作成業務も数多くあります。
 以前、たまたま大西、新高知、豊橋造船で自分の担当船の完工時期が重なり、完成図の作成作業に追われる日々が続いたことがありました。海外での船主打合せもあり、本来は海外行きを楽しみたいところなのですが、打合せ後、徹夜で議事録を作成。翌日に読合せを行った後、そのまま帰国。せっかくの海外でしたが、外に出たのは移動の時のみ・・・なんてこともありました。でも、何とかやりきったあとの感動はひとしお。思い出深いエピソードとなりました。

知識を増やしていって、いろいろな船を経験したい。

 基本設計で大切なことは、知識と経験、それからコミュニケーション能力。これからもっと知識と経験を積んで、お客さまに質問されたことに、何でもひとりで答えられるようになりたいです。また、今は“ドライカーゴ”と言われる貨物船をメインで設計しているので、今後はタンカーなどの設計にも関わりたいです。そして色々な船を経験して、自分のレベルを上げていくのが今後の目標です。

大学生のみなさんへ message

 流れ作業で一部分のみを担当する造船所とは違い、当社では一隻丸ごと担当でき、尚且つ全く同じ船を造り続けるのではなく、お客様の要望を組み込んだいろいろな船を造れるところが魅力です。それぞれが担当船を持ち、他部署とチームを組んで一隻作り上げるので、責任感とコミュニケーション能力が重要。仕事はハードですが、その反面、それ以上の達成感を味わえるはずです。

一日の仕事の流れ

7:00 出社

メールチェック、一日の作業確認および朝会の準備を行います。

8:00 検討作業、見積書作成

新しい引合い船の検討・見積作業を行います。
さまざまな規則を満足させつつ、船主要望事項や自分の考えを折り込んでいきます。

11:00 社内ミーティング、
メーカー打ち合わせ

船体の構成や機器配置など、他部署と協議をして決定していきます。また、機器の仕様などについてはメーカーと打ち合わせを行い、確認や情報交換をします。

12:10 昼休み

社員食堂でご飯を食べます。

12:50 ラジオ体操

13:00 注文要領書作成

船体部に関わる大物機械の注文書を作成します。

16:00 一般配置図、仕様書の作成

船主との打ち合わせや詳細設計への引継ぎ用として、一般配置図や船体部仕様書を作成します。これを基に船主と打ち合わせを行うので、最も大事な作業のひとつです。打ち合わせや契約時期が立て込むと、夜遅くまで作業が続くことも・・・。